一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.09.23 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク



神の最初の言葉 
 ≪光あれ≫

火とは、人に光が入った状態のことです。

最初の火は、静寂なる光でした。
それは、體内における酵素による光に相当する熱であり、温度(體温)です。

「火(ヒ)を留(ト)めるのが、人(ヒト)であり、霊留(ヒト)」です。


第一日目に発生した“光”が第六日に體内へ入力された

「静かなる光」。

その光エネルギーが熱エネルギーへと変化し、

磁界を持った土(アダマ)に対しての生命エネルギーとなりました。

リトルコスモス(小宇宙)としての生命体は、氣体そのものです。
静かなる光は、バッテリー構造のような、人体袋体の生命エネルギーとなります。


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM